この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

あまり高すぎない家賃の所を選ぶ

情報誌に告知ありと掲載されていた場合

事故物件の部屋もこの全国各地にいくつかあるそうです。
ですが、初めての一人暮らしでそのような所に住みたいと思う人はまずいないと思います。
確かに、安くて費用が抑えられるのですが、長く住むには無理があると思います。

不動産会社やネットや雑誌に物件を掲載している場合には、中には下の方に告知ありや事故物件である記載をきちんと掲載している事があります。
その理由は、やはり相場よりも安い家賃設定である事が大きな要因ではないかと思います。
事故物件と言っても中にはその部屋で人が亡くなってしまっている可能性も高い事を指しているそうです。

少しでも疑問点があるのであれば不動産会社に確認をして確かめる事が安全だと思います。
下手に安い事に飛びついて借りてしまい、心理的ストレスに悩まされて学校や仕事に影響が出てしまうので注意しましょう。

家賃があまりにも安い場合

家賃があまり安い所にも注意した方が良いと言う事は、前の記事でも紹介したと思いますが、あまりにも安すぎる一人暮らし賃貸物件も中には存在している事は確かです。
その理由は、人が亡くなっている事も勿論含まれているのですが、その部屋で殺人が起きていたり、社会でもたびたびニュースとして聞く事がある孤独死の問題もあるのです。
また、部屋にまつわる事ではなくて、周りの環境に関わる事でも家賃が安くなっている事もあるようです。

それは、周辺に嫌悪施設があったりする場合、宗教施設があった場合に言えるみたいです。
それから反社会的組織の施設があったりするケースもあり、心理的に人が住みにくいと感じる場所の場合に家賃を低くしている可能性もあるのです。